How To

keeworld の How-To のページへようこそ!

keeworld は Android の初期設定のホームや他のホームアプリケーションと、見た目も使い方もかなり違っているので、最初は戸惑うかもしれませんね。

まずこれがインストール後初めてお目にかかる keeworld です。

keeworld on startup

スクリーンはアイコンやらウィジェットですぐにごちゃごちゃうるさくなりますよね。そこで私たちは気持ちよく楽しめる「クリーンなインターフェース」を作ることを目標にしました。

もしあなたがウィジェットや壁紙をカスタマイズしていないなら
これが普通の keeworld 。驚くほどシンプル!でしょ?

だけどこれだけだったら、何もないただのスクリーンですね。
それではどのように keeworld を使うのか、いくつかのユニークな keeworld のコンセプトと合わせて紹介します。

ポケットとリボン

スクリーンのサイドにタブのようなもの、その近くに丸いアイコンがあります。
タブのようなものを「ポケット」と呼びます。
それぞれのポケットは、まるで本物のポケットのように、中に何かが入っています。中に入っている物を「ポケットイン」と呼びます。(ポケットの中に入っているからそう呼ぶんですよ。)

丸いアイコンがポケットインで、今ポケットから飛び出しているところです。
ポケットインを見るにはポケットを軽くタップしてみてください。
しまう時は空いているスペースまたはポケットを軽くタップ、バックボタンを押してもしまえます。

ポケットインはきれいなアイコンですが実用的な機能を二つ備えています。

まず一つ目、いくつかのポケットインは中にもうひとつのポケットインを持っています。
それをタップしたら、中のポケットインが出てきます。
それをしまうにはもう一度同じポケットインをタップして下さい。
全部を閉じるには普通のポケットインと同じように操作してください。

二つ目、ポケットインはリボンを出します。
リボンはポケットから、ポケットインの中のアイテムを載せて、流れるように出てきます。たとえばアプリケーションなど。
リボンの上のそれぞれのアイテムは、タップしたとき開くまたは実行します。
もうひとつの楽しいリボンを開く方法は、ポケットインを押し指でドラッグしてみます。指の動きに合わせるようにリボンが現われます。そしてその指を離すとリボンは消えます。

リボンの上で何かする場合、例えばアプリケーションの実行やメールを読むことなどはリボンを出した状態で行います。
ポケットインを軽くタップすれば自動的にリボンが飛び出しロックされます。リボンを持っていないポケットインは中のポケットインが出てきます。

リボンがロックされていない状態
リボンのロックはスクリーンの最上部と最下部にあります。
ポケットインを軽くタップすれば、自動的にリボンが飛び出しロックされますが、ポケットインをゆっくりドラッグしてもリボンが出てきます。
どちらを使うかお好みでどうぞ!

リボンがロックされている状態
リボンをしまうにはロックに軽く触れるかバックボタンを押してください。
ドラッグしながらリボンをゆっくりしまうこともできます。
ロックの上に指が載っている状態
ロックが外れる瞬間、またはこれからロックができる瞬間。ロックをしたいときは指を横のほうへ滑らせる。

Android のほかのリストを見るときと同じように、指を軽くフリック(はじく)または指を上下にドラッグすれば、リボンをスクロールすることができます。リボンのアイテムを速く見るには指の動きを速くしてみて下さい。使いたいアイコンが見つかったらそれをタップしてください。
後はいつもと同じです。

レイヤー

keeworld は初期設定のホームのように左右にスクロールをしてたくさんのアイコンを置くことはできません。その代わりにレイヤーで「奥行き」を構成しました。
keeworld は初期設定で4つのレイヤーを持っています。
一番上のは「ポケットレイヤー」でそこにはポケット、ポケットイン、リボンが設定されています。
次は「ヴィジェットレイヤー」でお好みのヴィジェットを配置できます。
その下にあるのが「壁紙レイヤー」でシステムの壁紙の中からお好みの物を設定できます。
一番下は背景色の色を設定できる「背景色レイヤー」です。

それぞれのレイヤーは透明なのでその存在に気がつきません。
keeworld が提供している壁紙は半透明になっていますので、背景色レイヤーの設定で壁紙の色合いを変えることができます。カメラで撮影した画像などは加工しない限り不透明なのでこの設定は適用されません。

ちょっと面白い方法でレイヤーの操作ができるのでよかったら試してください。スクリーンをダブルタップしながらその指を上か下にドラッグしてみてください。レイヤーが後ろに動いたのがわかると思います。もう一度ダブルタップして先ほどの逆にドラッグすれば最初の状態に戻ります。あわてないでやってみてくださいね。

レイヤーは順序の入れ替え、削除、追加ができます。
メニュー > keeworld の設定 > レイヤー

ウィジェットレイヤー

ウィジェットレイヤーが設定されているので、スクリーン上で長押しをした時にウィジェットを選択のダイアログが開きます。お好みのウィジェットを選んでください。その後は各ウィジェット設定に従ってください。ウィジェットを押しながら移動させるとスクリーンの下部にゴミ箱の画像が表示されます。その時削除が可能です。

Remove widget area

ゴミ箱のイメージが赤色に変わった時そこに向かってドラッグをすればウィジェットは削除されます。

Remove widget area

壁紙レイヤー

背景に画像を設定できます。keeworld のテーマやデバイスに保存されている画像などお好きなものをお選びください。どのようなサイズでもお好みで!
メニュー > keeworldの設定 > レイヤー > 壁紙レイヤー > レイヤー設定

背景色レイヤー

オレンジのテーマを設定したスクリーン
現在の背景色は白色
メニュー > keeworldの設定 > レイヤー
背景色レイヤーを選んでください
レイヤー設定をタップしてください
この画面が出たら色の部分を触って、自分の好きな色を選択してください。円の中心に表示されているのが選択した色です。
「OK」を押して戻ります
背景色をオレンジにしたので全体が濃いオレンジに変わりました。

ポケットと各種ポケットイン

keeworld の柱となる機能について説明をしました。
ここからは三つのポケットについて説明します。

Actions Pocket アクションポケット:インストールされているアプリケーション、ライブフォルダ、ショートカットへのアクセスなど大きな機能を扱うポケットです。
Connections Pocket コネクションポケット:メール、連絡先、電話履歴など連絡に関する情報を扱うポケットです。
Expressions Pocket エクスプレッションポケット:画像、ミュージック、ビデオなどメディアを扱うポケットです。
Notifications このアイコンはメールの受信など新しい連絡があったことを表します。数字で何件の連絡があったのかを表示します。

次にそれぞれのポケットインのアイコンが何を表しているのか簡単に説明をします。

Applications アプリケーション:Android にインストールされているアプリケーションを表示します。
Shortcuts ショートカット:電話とブラウザーの機能にアクセスできます。
Folders フォルダー:ライブフォルダーにある情報にアクセスできます。
Call Log 電話履歴:電話履歴を表示します。
Contacts 連絡先:すべての連絡先を表示します。
メッセージ:GMail、SMS、チャットのポケットインを表示します。
GMail GMail:受信箱に入っているメッセージを表示します。
SMS SMS:会話のリストを表示します。
Chat チャット:GTalk で会話中のリストを表示します。
Music ミュージック:すべてのミュージックトラックをリストで表示します。
Videos ビデオ:すべてのビデオをリストで表示します。
Images イメージ:すべてのイメージをリストで表示します。
face book:ニュースフィードをリストで表示します。
ツイッター:メッセージをリストで表示します。

ご質問等あれば、このページにコメントするか e-メールをお送りください。

Leave a Reply

Thank you for visiting. Please let us know what you think of this page/application.
Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>